管理部 2017年入社

MARIKO MINE峰 麻里子

  1. HOME
  2. 管理する人
社会人としての基礎を、アルシスホームで学んだ。
以前は全く違う仕事をしており、「新しいことに挑戦したい」と転職を決め、アルシスホームに入社しました。現在は、賃貸住宅の入退居の対応や賃料の確認といった賃貸管理のほか、新卒採用関係、事務全般を担当しています。
前職では事務経験がなく、お取引先とメールのやりとりをしたり、電話でお客様対応をしたりするのも初めてでした。アルシスホームに入って、社会人としての基礎的なことを学ばせてもらったように思います。
社員が誇りをもって仕事に取り組んでいる。
入社して最初に感じたのは、すごくアットホームな雰囲気の会社だということです。社員が30数名と小規模なのもあって、部署や役職、世代を超えて仲が良く、みんなが誇りをもって仕事に取り組んでいるということが、すごく印象的でした。
2カ月に1回の頻度で、社内イベントもあります。私はイベントの企画も担当しているので、バーベキューやビアガーデン、イチゴ狩りなど、季節に応じた内容で、みんなに楽しんでもらえるよう工夫しています。
会社説明会やインターンシップの企画も。
新卒採用担当者としての仕事は、主に会社説明会やインターンシップなどを企画・実施したり、就職情報サイトの掲載内容を考えたりすることです。
どんな内容にしたら学生さんが興味をもってくれるのか、どうすればこの会社の魅力が伝わるのか、悩むこともあります。でも、学生さんとアルシスホームをつなぐきっかけとなる大事な役割なので、すごくやりがいを感じています。

成長のための新たな取り組みにも積極的。
私が感じるアルシスホームの魅力は、やはり80年以上も地元に根差し、地域のお客様やお取引先から大きな信頼を得ているということです。
歴史のある安定した会社でありながらも、常に成長のための新たな取り組みにも積極的で、チャレンジ精神を感じます。100周年やその先の未来にどんな発展をし、どんな会社になっているのか、社員としても、今からとても楽しみです。
就活では、まずは自分自身と向き合って。
私が学生だった頃に比べると、今の就活は売り手市場なので羨ましく感じますが、売り手市場だからこそ、自分で選ぶ難しさがあるのかもしれませんね。
仕事内容はもちろんですが、どのように働き、どのように成長したいのか、またどのように暮らしていきたいのか、しっかり自分自身と向き合って、自分らしく働ける就職先に出会ってもらいたいと思います。