設計部 2017年入社
M.TOMOHIRO
入社後、設計部に配属。配属5年目

知識や経験を積んで
お客様のニーズに応える家づくりを

前職での現場経験を活かして
念願の設計部へ。
小学生の頃から、建築の仕事に就くことが夢でした。建築関係の学校を卒業し、前職で設計と現場監督を兼務していたのですが、設計をメインでやりたいという気持ちが強くなり転職を決意。内定をいただいた会社の中で、どこよりも歴史が長く、“ずっと地元で愛されている工務店”という印象が強かったアルシスホームに入社しました。

現在は、戸建て住宅やマンション、ショールームなどの設計業務を担当しています。念願だった設計の仕事に就いたのですが、前職で現場監督をしていたことが私の大きな強みとなりました。この経験があったからこそ、お客様の利便性や現場のことを考えた設計ができているのだと思います。
とはいえ、お客様に満足していただける住空間の提案・設計をするためには、まだまだスキルアップも必要です。そのため、メーカーなどが実施している勉強会や説明会に積極的に足を運んでいます。新しい情報をどんどん取り入れながら、お客様の多様なニーズに応えられるような家づくりに取り組んでいきたいです。

Question&Answer

Q1
アルシスホームを志望しようと思った理由は何ですか?
アルシスホームは福岡市博多区に本社があります。博多駅から近い場所にあるため、会社までのアクセスが本当に便利です。関係会社やメーカーも近くに営業所を構えているところが多く、仕事がしやすい環境なのかなと思ったのが一番の理由です。
また、前職では経験できなかったマンションの設計に携わることができるという部分にも惹かれました。
Q2
現在の仕事内容について教えてください。
主に、建物を建てる場所の現地調査、役所調査、ラフ入れ、設計各種申請、省エネ計算、現場管理、検査立会、完成引き渡しといった業務です。建物を建てる際、地域によってさまざまな制限があり、現地に足を運んでみないとわからないことも多々あります。どんな建物を建てることができるか、どれだけの費用が必要かを現地調査します。
設計は、基本的に1つの物件に対して2名で担当し、1名がお客様との打ち合わせを行い、もう1名が図面を作成するという感じで、協力しながら進めていきます。
Q3
アルシスホームの魅力はどんなところですか?
やはり、九州の中心である博多を拠点とし、創業85年という長い歴史を誇る工務店であるという点です。地元に密着して、長年培ってきた知識や経験を活かしながら、お客様にこれまで以上の住空間を提供するというのがアルシスホームの強みだと思います。
さらに、当社は中途採用で入社された方が多く、前職で培った経験で使えるものはどんどん取り入れていこうという風潮があります。そこから良いものが生まれることもありますし、学ぶことも多いです。
Q4
アルシスホームに入社して自分自身が変わったと思うことはなんですか?
資格を取得したいという意欲がこれまでよりも高まったと思います。アルシスホームの設計部には、一級建築士が3名、二級建築士が1名います。これは、他社と比較しても有資格者の割合が高く、非常に刺激になっています。
また、会社も資格取得を目指す社員に協力的です。研修や勉強の時間を設けてくれたり、資格取得で奨励金がもらえたりと、スキルアップできる環境が整っています。
Q5
仕事のあとや休日はどのように過ごしていますか?
現在は、資格取得のために専門の教育機関へ通っています。それ以外の日は、趣味のサイクリングや釣りをしていることが多いですね。天気のいい日は、ロードバイクで糸島の方まで出かけることも。自然を満喫しながら、休日を過ごしています。
最近は、コロナ禍で外出が制限されることも多くなりました。そういったときは、自宅で勉強したりアクアリウムのメンテナンスをしたりしています。勉強で疲れたときに、きれいになった水槽を眺めながら癒されていますね。
Q6
今後の目標を教えてください。
今のところ、郊外で新築戸建ての平家を建てているんですが、見学会にもたくさんの方が来てくださり、アルシスホームの知名度もあがってきていると実感しています。ですが、もっと魅力的な建物を建てて、他社からもすごいと思われるような建物を設計したいです。私個人としては、デザイン力をあげたいですね。
あとは資格取得です。弊社には有資格者がたくさんおり、勉強しながら資格取得を目指し、今よりも会社に貢献できる人材になりたいです。